フロン排出抑制法 点検・報告

CHLOROFLUOROCARBON GAS/Inspection report

業務用冷凍空調機器の所有者または管理者は、機器の定期点検と、一定以上の漏えい量がある場合には国への報告が求められます。i-CREWでは、ISOを取得されている企業様にも対応しております。

重要フロンの漏洩点検が義務化されました!!冷媒フロン類取扱技術者による点検について PDFをダウンロード
機器の点検実施と報告についてとフロン類の漏えい量の算定・報告について PDFをダウンロード
フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)
※環境省フロン排出抑制法ポータルサイトの資料(PDF)が開きます。
PDFをダウンロード

申請が必要な点検期間

点検期間のイラスト

点検内容

簡易点検

(3ヵ月に1回)

すべての第一種特定製品は、簡易点検が必要です。簡易点検は基本的に目視検査です。なお、点検は安全で容易に点検や目視ができる範囲です。

エアコン室外機の目視点検をする人

定期点検

(3年に1回)

定期検査では、7.5kW以上の機器は「冷媒フロン類取扱技術者」の資格保持者が実施します。

エアコン室外機を分解して点検をする人

料金表

簡易点検

(3ヵ月に1回)

すべての第一種特定製品は、簡易点検が必要です。簡易点検は基本的に目視検査です。なお、点検は安全で容易に点検や目視ができる範囲です。

1~5台 5,000円/台
6~20台 4,000円/台
50台~ 3,000円/台

定期点検

(3年に1回)

定期検査では、7.5kW以上の機器は「冷媒フロン類取扱技術者」資格保持者が実施します。

1~5台 12,000円/台
6~20台 10,000円/台
50台~ 8,000円/台

点検範囲

簡易点検 定期点検
外観点検
点検報告書
機器の破損の場合のフロン類の回収 -
漏えい個所の修理 -
機器整備に関する記録簿の作成と保存 -
算定漏洩量の報告 -

各種各メーカーの修理も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

お問合せフォームへ

フロン排出抑制法の点検・報告の対象となる
圧縮機7.5kw以上の空調機器かどうか分からない方へ

※上記kw表記は空調機の冷暖房の能力ではございません。

現地調査 6000円/1台 現地調査にて調査させていただきます。
交通費は別途になります。
簡単調査 無料(1台のみ) LINEで簡易検査を無料で行います。
(1台のみ無料)

よくある質問

機器ユーザーが管理する機器のうち、フロン排出抑制法に基づく冷媒漏えい対策や整備・廃棄時におけるフロン類の回収等が義務となる機器はどのようなものか。

業務用のエアコン(空調機器)及び冷凍・冷蔵機器であって、冷媒としてフロン類が使用されているものが対象です(法律で「第一種特定製品」と呼んでいます)。なお、家庭用のエアコン、冷蔵庫及び衣類乾燥機並びに使用を終了した自動車に搭載されているカーエアコンは本法に基づく回収義務はありません。(それぞれ、家電リサイクル法、自動車リサイクル法でフロン類の回収が義務付けられています。)

冷凍空調機器について家庭用の機器と業務用の機器の区別はどのようにしたらよいのか。

家庭用の機器との見分け方については、1. 室外機の銘板、シールを確認する。(平成14年4月(フロン回収・破壊法の施行)以降に販売された機器には表示義務があり、第一種特定製品であること、フロンの種類、量などが記載されています。また、それ以前に販売された機器についても、業界の取組み等により、表示(シールの貼付)が行われています。)2. 機器のメーカーや販売店に問い合わせる。等の方法があります。

家庭用のエアコンについても充塡の基準を遵守する必要があるか。

家庭用エアコンは第一種特定製品ではないため、フロン排出抑制法の充塡の基準は適用されません。

フロン類を使用した、自動販売機、ウォータークーラー、液体を計る特殊な試験装置、リーファーコンテナなどは第一種特定製品になるのか。

フロン類を冷媒として使用し、冷凍・冷蔵又は空調を目的とする業務用として製造・販売された機器であれば第一種特定製品となります。