太陽光の可能性

今や、太陽光発電を導入することで、エコ意識が高まったという家庭は少なくありません。

【全量買取制度について】
メリット:事業所などの非住宅における太陽光発電システムを導入し発電した電力全てを電力会社に一定の価格で買い取ることを義務付ける制度。

正式には「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案」で、平成23年3月11日閣議決定、8月26日に法案成立しています。2012年7月1日より施行されています。

再生可能エネルギーで発電電力を、電力会社が固定価格で買い取ることを義務付ける制度になります。一定の条件を満たす場合に、発電した電力の全量を一定の期間・価格で買い取るため、全量買取制度と呼ばれます。

・価格で買い取るため、全量買取制度と呼ばれます。 対象となる再生可能エネルギーは、太陽光発電、地熱発電、中小水力発電と、バイオマス、風力発電の5種類で、太陽光発電に関しては、全量買い取りは10kW以上となっており、10kW未満の(いわゆる住宅用)の場合、現状と同じ余剰電力の買取が適用されます。

買い取り価格:42円・買取期間:20年間で法令が公布されました。

電力会社が買取に要した費用は、国民が使用電力に応じた「賦課金」として電気料金と合わせて支払います。賦課金の単価は全国一律となるように調整されます。(100円未満になるよう調整されます。)

選ばれる理由

選ばれる理由は、メーカーと緊密な協力関係にあります。
担当するスタッフは、1300件の施工実績(2013年9月現在)があります。太陽光の知識が豊富ですので、調査からアフターフォローまで安心して対応することが可能です。
お客様に末永く安心して太陽光発電システムをご利用いただけますよう、安心の保証と充実のアフターサポートをご用意いたしております。
弊社は産業用太陽光発電も推進しております。企業の社会的責任が強く求められている現在、エコエネルギーを導入し、CO2削減を実行することは、企業や公的機関のイメージアップに貢献します。地域環境に貢献し周辺環境、住民様にも電力を供給することで地域社会を支えます。
個人向けにも産業様向けにも共通する点は、自立運転システムを導入した場合、災害等により停電が発生した場合にも、昼間であれば太陽光発電による電力を使用することができます。更に蓄電池と組み合わせることで、夜間でも電力を確保することができます。

  • 一貫したコストパフォーマンスアップ
  • 地域環境に貢献
  • 建物に合わせるデザイン設計
  • 施工実績が他社よりも豊富
  • WEB制作・進行・保守システム管理
  • 安心安全設計で全て自社施工

安心のサポート

太陽光導入の流れ(個人)

太陽光導入の流れ(産業)